高齢者が求める福祉専門職について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数146
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「高齢者が求める福祉専門職について述べよ。」
    1.高齢社会の現状
     かつての日本は、栄養・衛生状態が悪く、乳幼児の死亡率が高い多産多死であった。また、自然環境や、医療の未発達により平均寿命は50歳程度であった。
     しかし近年では、栄養・衛生状態がよくなり、死ぬことは少なくなったが、生まれる子ども人数も少ない少産少死となった。また医療の発達などにより、平均寿命は80歳程度にまで延びた。2006年には男性の平均寿命は79.00歳、女性85,81歳にまで伸長し、文字通り世界の最長寿国になっている。
     日本の将来推計人口によれば、65歳以上人口の割合は今後も上昇し続け、2020年には26.0%になり、人口のおよそ4人に1人が高齢者となり、2050年には35,7%となり、およそ3人に1人が65歳以上という、超高齢社会が到来することが予測されている。
     このため、近年になり「介護」をめぐる問題が深刻化し、社会問題となっている。これに対応する施策として、介護の専門職として介護福祉士が誕生し、訪問介護員(ホームヘルパー)が法制化され、さらに介護を社会全体で支える介護保険制度が導入されたのである。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。