ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)とその援助課程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数505
ダウンロード数7
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術とその援助過程について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)とその援助過程について」
     一般的にソーシャルワークの諸援助技術は、ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)そのものをさす場合が多い。ソーシャルワークの諸援助技術は、大きく直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術にわけられる。
     直接援助技術は、利用者の問題解決のために、直接援助者が関わり、各種の援助を提供するものであり、個人を対象とした「個別援助技術(ケースワーク)」と集団の中で援助を展開する「集団援助技術(グループワーク)」がある。
     間接援助技術は、社会福祉援助技術活動を促進させ、直接援助技術を有効に機能させる方法や技術のことを言い、「地域援助技術」「社会福祉調査法」「社会福祉運営管理」「社会活動法」「社会福祉計画法」がある。
     関連援助技としては、ケアマネジメント、ネットワーク、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションが重要である。
    1.直接援助技術
    (1)個別援助技術(ケースワーク)
     個別援助技術(ケースワーク)とは、利用者(クライエント)がケースワーカー(専門家)のいる機関を訪ねたり、訪問を受けたりして個別に援助を受ける過程で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。