学校教育職入門 解答例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数925
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『「新しい学校の荒れ、としての「学級崩壊」について解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。」』
     「注意するとすぐキレる子供」「無気力・無関心」「暴力行為を繰り返す子供」などが子供の「荒れ」として指摘されている。それに伴い担任教員がが教室に入ってもざわざわして私語が絶えず、注意しても聞かない。授業が始まっても席につかない児童がおり、ひどい場合には半数近い児童が教室の外に出て行ってしまう。さらにこのような状況が進むと、教員に暴言を吐いたり暴力を振るう子供が出てくる。というような授業不成立の状況は「学級崩壊」と呼ばれもはや、ある特定の学校の問題ではなく多くの学校が抱える問題となっている。
    その他
     『「教師の服務規程とは何かについて解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。」』
    『教科指導と教科外指導とは何か、それぞれを具体的にまとめ、その両者の関係はどうあるべきかについて述べよ。』
    『いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適正が強く求められているのか具体的に述べよ。』
    ・・・についての解答例

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「新しい学校の荒れ、としての「学級崩壊」について解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。」』
     「注意するとすぐキレる子供」「無気力・無関心」「暴力行為を繰り返す子供」などが子供の「荒れ」として指摘されている。それに伴い担任教員がが教室に入ってもざわざわして私語が絶えず、注意しても聞かない。授業が始まっても席につかない児童がおり、ひどい場合には半数近い児童が教室の外に出て行ってしまう。さらにこのような状況が進むと、教員に暴言を吐いたり暴力を振るう子供が出てくる。というような授業不成立の状況は「学級崩壊」と呼ばれもはや、ある特定の学校の問題ではなく多くの学校が抱える問題となっている。
     学級崩壊現象の実態にアプローチするためには、子供を主体として長期間を要しながら「固有の秩序」をつくりあげていく変革のプロセスとして、授業を含めた教師の「学級」づくりの営みを捉え直していくことが重要である。といわれている。
     学級崩壊の原因として子供たちの荒れが問題となっているが、学級経営の柔軟性の欠如、授業内容・方法への不満、問題行動への対応のまずさなどの「教員の指導力不足」を主因..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。