情報処理テスト 解答例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数556
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『個人情報の保護とその適正な取り扱いに対する企業や公的機関の社会的責任について実例を示しながら述べよ。』
    情報化社会といわれている現代においては、情報はデジタル化され情報の複製や流用が容易になったといえる。また、インターネットに代表されるようなネットワーク社会では情報の発信も簡単なものとなり誰もが情報発信を行えるようになった。しかし、そのネットワークにより一度流出してしまった情報を回収したり削除したりすることはむつかしく、情報を流した犯人を特定することも困難であるといわれている。そのためプライバシー・個人情報をどのように保護するのか、情報の漏洩防止が求められている。
    多くの個人情報を扱っている企業や公的機関の対策を例に見ていくと、組織的な対策として情報管理に対する責任部署の設置や責任者の任命、個人情報の取り扱いの手順書の整備。個人情報が保存された記憶媒体が盗難にあった事例もあることから、フロッピーディスク等記憶媒体の使用や持ち出しの禁止などの対策。不正アクセスやハッキングによる情報の流出に対しては個人情報を取り扱うシステムへのアクセスの制御、不正ソフトウェア対策、情報システムの監視などの対策。人的な安全管理への対策としてはすべての従業員に対して個人情報保護に関する教育を実施するといった対策をそれぞれの企業が行っているようだ。
    企業活動においては、利潤の追求だけでなく法律尊守、社会的倫理の尊重なその考え方をベースとして、安全かつ良質な財・サービスの提供という企業活動を通して社会の発展や成長に貢献し、環境や文化、地域経済など様々な形で社会の一員としての責任を果たしていく必要があるといわれている。情報化社会の中でどのように企業が社会的責任を果たしていくか、企業のあり方が問われている。
    『新聞、放送、インターネットの情報の信頼性について、情報化社会の光と影の観点から考えていることを述べよ。』
    情報化社会といわれている現在では、多くの情報がカンタンに入手できるようになった。その中でもインターネットの普及は著しく、パソコンの高機能化、ネットワーク・ソフトウェアの発展により誰もが簡単に使えるメディアとして急速に利用者数が増えている。その反面インターネットの情報には特に規制はなく、誰もがカンタンに全世界に向けて情報を流すことが出来るため情報の信頼性が問題となることも多い。その他のメディアとして新聞やテレビなどがあるが、それらの情報の信頼性はどうだろうか。
    新聞やテレビといったメディアは情報を記事や番組の形で発信するまでに、組織的に情報内容のチェックが行われている。誤った情報の発信は新聞者・テレビ局と顧客の信頼関係を壊し企業としての利益の損失につながりかねない問題である。それゆえ、新聞やテレビからの情報は情報の内容を吟味しなくても誰もが自由に情報を発信できるインターネットに比べて信頼性は高いといえる。また、新聞やテレビはインターネットが広く普及する以前は唯一私たちが情報を得るためのツールであった。他に情報を得る術が無ければその情報を信じるしかないだろう。このような背景の中で作られてきた信頼性が現在も私たちの中にあるのかもしれない。新聞やテレビの情報は発信者から受けて側へ一方通行であるのに対しインターネットは情報に互換性がある。間違った情報であれば情報の発信者へその旨を通達することも容易であるし、そのホームページを訪れる何万人という訪問者が情報の信頼性について目を光らせているとも考えられいちがいに新聞やテレビの情報の方がインターネットよりも信頼できるとは言えないので

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『個人情報の保護とその適正な取り扱いに対する企業や公的機関の社会的責任について実例を示しながら述べよ。』
    情報化社会といわれている現代においては、情報はデジタル化され情報の複製や流用が容易になったといえる。また、インターネットに代表されるようなネットワーク社会では情報の発信も簡単なものとなり誰もが情報発信を行えるようになった。しかし、そのネットワークにより一度流出してしまった情報を回収したり削除したりすることはむつかしく、情報を流した犯人を特定することも困難であるといわれている。そのためプライバシー・個人情報をどのように保護するのか、情報の漏洩防止が求められている。
    多くの個人情報を扱っている企業や公的機関の対策を例に見ていくと、組織的な対策として情報管理に対する責任部署の設置や責任者の任命、個人情報の取り扱いの手順書の整備。個人情報が保存された記憶媒体が盗難にあった事例もあることから、フロッピーディスク等記憶媒体の使用や持ち出しの禁止などの対策。不正アクセスやハッキングによる情報の流出に対しては個人情報を取り扱うシステムへのアクセスの制御、不正ソフトウェア対策、情報システムの監視など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。