デンプンの加水分解

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,187
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験試験時間観察

    代表キーワード

    デンプンの加水分解

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    デンプンの加水分解
    目的 デンプンの唾液アミラーゼによる分解を観察する。
    説明 デンプンが唾液アミラーゼにより分解されていく様子をヨウ素デンプン反応の呈色を利用して観察するとともに、デンプンが分解されたことによる還元糖の精製をフェーリング反応によって観察する。
       
    準備 1%可溶性デンプン溶液、0.01Mヨウ素ヨ化カリウム溶液
       フェーリングA液:硫酸銅6.9gを蒸留水で溶解し、全量を100mLとした。
       フェーリングB液:酒石酸カリウム・ナトリウム(ロッシュ塩)34.6gと水酸化ナトリウム10gを蒸留水に溶解して全量を100mLとした。
    実験操作
    1.唾液アミラーゼの調整
     水で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。