民間シルバーサービスの現状と今後の展望について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数286
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「民間シルバーサービスの現状と今後の展望について」
     民間シルバーサービスとは、一般的におおむね60歳以上のシルバー層を対象に、市場原理に基づき、契約を通じて供給される財やサービスのことである。高齢社会の到来とともに、高齢者のニーズの多様化や年金制度の成熟化よる購買力の増加等により、近年、民間シルバーサービスは注目を集めている。
     シルバーサービスの現状としては、厚生労働省が行っている「健康・福祉関連サービス産業統計調査」を見ても分かる通り、1996(平成8)年度には、在宅福祉サービスを提供している民間事業者数は、全国で3431であり、事業者数・年間総売上高ともに順調に増加している。以下に、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。