社会保障論 第二レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数513
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療保険制度の概要について
    医療保険制度の各国の現状をみると、イギリスやスウェーデンなどの採用する「保険医療サービス方式」と、日本やアメリカなどが採用する「医療保険方式」に大別できる。
    「保険医療サービス方式」とは、すべての国民に税を財源とした公費負担で保険医療サービスを無料提供する方式である。これは、サービスの無料提供という天で理想的ではあるが、税を財源としたサービスの提供には、財政上の制約という問題が生じてしまう。また、この方式にどう供給体制の組織化という問題もある。一方、「医療保険方式」とは、事前に保険料の納付を行い、必要とする医療サービスについても一部自己負担する方式である。この方式には、保険により医療費を保証する「現金給付方式」と、保険により医療サービスを支給する「現物給付方式」とがある。両者に共通する問題としては、ここで言う保険が事故などの発生後に機能するため、その対応範囲が「治療」に限られることがある。今日の医療は治療に限らず、予防やリハビリテーションまでを含むとすることからも、保険に対応範囲を広げることが求められている。
    しかし、日本とアメリカの保険でも少し違うことがあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。