社会保障論 第一レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数504
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障の役割と機能について
    社会保障とは、国が国民の最低生活を保障することである。イギリスの有名な政治家チャーチルは、これをひと言で説明した。「ゆりかごから墓場まで」即ち、人が生まれてから死ぬまでの一生の間を通じて、国家が生活の保障を行うことである。この社会保障は、人の一生を通じての生活の保障による安定であるが、その安定は常に最低生活の基盤にしており、働いても不足する場合の生活の保障である。完全保障ではなく、何らかの理由で生活できないときのみに生活の保障が行われるということである。
     社会保障の要件はとは、社会保障の主体は国家である。その理由は資本主義社会では、個人の生活はすべて個人責任によって維持されるのが本来的な原則である。その原則に対して国家が社会保障をしようとするのであるからその主体は国家である。そして、その対象はすべて国民である。
     その内容は、最低生活の保障である。最低生活には、肉体を維持できる程度の生理的最低生活がある。ところが、今日の社会を生きていくためには、肉体を維持するにとどまらず、社会的人間らしい生活を維持できることが執拗である。この意味の最低生活は生理的最低生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。