集団援助技術の理論と展開過程について 科目終了

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数409
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術の理論と展開過程について
    集団場面または、集団関係を活用して社会福祉援助技術を行う方法を、集団援助技術(グループワーク)と呼ぶ。また、集団の中で学ばれたことを再学習も、やはり集団の中で行われるといえるだろう。人間は社会的存在、社会的動物であるといわれている。これは、人間が社会に深く依存していること、人が人間として発達する際に社会が重要な役割を果たすことを意味している。
    この集団援助技術(グループワーク)が登場したのは19世紀後半のころである。その背景には、慈善事業の近代化と社会化が本格的に始まったことがある。それがCOSとセツルメント活動、貧困調査活動である。後にスラム街に住み込み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。