頸肩腕痛 テスト法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,306
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     頸肩腕痛に用いられるテスト法について
     頸肩腕痛は、頚椎疾患、胸郭出口症候群、狭義の頸肩腕症候群、肩関節疾患および肩関節周囲炎等に分けることができる。頸肩腕痛と一口に言っても、このように多岐に渡り、臨床現場でも多々みられるため、この疾患の知識、治療法が柔道整復師の業務をなす上で必ず必要となる。
     頚椎疾患は、変形性頚椎症と頚椎椎間板ヘルニアに分けられる。変形性頚椎症は、50歳以上の男性に多く見られ、退行性病変が基盤となり、脊椎などに変化が及んだ疾患である。50歳以上の男性に好発する。発生する脊椎根はC5椎からC7椎が主で、C6>C5>C7椎の神経根の順で発生しやすい。
     神経根症は、障害神経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。