ソーシャルアクションによるシステムづくり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数643
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の実践の方法であるソーシャルワークは、社会福祉における援助の中核をなすものとして重要な位置を占めている。この技法は、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術に大別され、さらにソーシャルケースワーク、ソーシャルグループワーク、コミュニティワーク、ソーシャルアクション(社会活動法)、社会福祉調査、社会福祉計画、社会福祉運営管理などが含まれている。そのなかで、間接援助技術のひとつに「ソーシャルアクション」がある。
    ソーシャルアクションとは、社会的に弱い立場にある人の権利擁護を主体に、その必要に対する社会資源の創出、社会参加の促進、社会環境の改善、政策形成等、ソーシャルワーク過程の重要な援助および支援方法の一つである。
    形態としては、住民運動として、住民の身近な生活問題への行動として起こされる住民組織型、福祉問題を共有する人たちの組織化や権利要求の行動として起こされる当事者組織型、保健・医療・福祉のネットワークづくりなどの専門家組織型、地域福祉計画の作成による行政、保健・医療・福祉の連携を図る統合組織型などがあげられる。
    また、方法としては、主に学習・調査、広報・宣伝、住民集会、署名、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。