ジェネリック・ソーシャルワーカーの重要性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数760
ダウンロード数12
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の我が国において、社会構造の複雑化や社会環境の変化に伴い、社会的援助のニーズは増大し、その問題解決においても複雑で多様性のあるものが多くなってきた。このような福祉ニーズに対して、効果的な援助方法として、ジェネリック・ソーシャルワークがある。
    ジェネリックとは「一般的・包括的」等の意味であり、「ジェネリック・ソーシャルワーク」とは、社会福祉援助技術のどの分野においても共通する技術、原理、活動のことである。また、ジェネリック・ソーシャルワーカーとは、児童・高齢者・障害者等といった区分や、福祉施設・地域・医療機関等といった所属機関の別に関わらず、幅広い福祉援助概念・知識・方法・技術等についての基本的な専門性を備えた社会福祉援助専門職である。
    本来ソーシャルワークは、人と環境、個人と社会(制度)、そしてその交互作用を捉え、さまざまな援助方法を用いて援助をしてきたことが、きわめてジェネラリスト的であると考えられている。共通する特徴は,さまざまな理論を拠り所とする方法を折衷的に活用し援助する方法論的多様性と,援助対象を捉える包括的な視点である。
    つまり、ジェネリック・ソーシャルワーカーとは、高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。