児童虐待の実態と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数578
ダウンロード数14
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近の新聞やテレビ等のニュースの中で、親が子どもに常軌を逸した残酷な体罰を与えて死なせてしまった、親が車の中にいる我が子のことを忘れて、パチンコなどのギャンブルに没頭した結果、熱射病や窒息で死なせてしまった、子どもに満足な食事を与えずに、監禁状態において死ぬ寸前まで衰弱させたというような悲しく、痛ましい児童虐待の報道が後を絶たない。
    児童虐待の実態は、親または親代わりの養育者が、子どもに対して加える「継続的な身体的・精神的・性的暴力」のことで、育児を放棄して食事の用意や身の回りの世話、会話相手を全くしない「ネグレクト(育児放棄)」も児童虐待に含まれる。親代わりの養育者というのは、親戚や養親、児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。