質的調査のグラウンデッド・セオリーとは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,561
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グラウンデッドセオリーアプローチ(以下、GTA)は,1960年代に社会学者グレーザーとストラウスの共同研究に用いられた方法である。また、それを詳細に論じたる書物が「データ対話型理論の発見」であった。しかし,その方法論,認識論をめぐって両者がそれぞれに解説書を出版して,それぞれの論に対しての批判が繰り広げられ,独自に語られるようになった。このことがGTAの理論的難解さと実践的不明快さを生むことになった要因の一つとして指摘されている。その内容については,以下に要約したとおりである。
    まず、「質的研究法」は,「数量的研究」に対する従属的かつ補足的側面のみが強調されてきたため,質的研究法の一つとしての..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。