感染症の対応過程と現状について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数488
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日、感染症の被害は世界規模で重要な問題として大きく取り上げられている。また、感染症への対策も国境を越えて講じられている。その理由として、急性呼吸器感染症、後天性免疫不全症候群(エイズ)、下痢原性疾患(赤痢、コレラなど)、結核、マラリアや麻疹などがあり、これらが感染症の死亡原因となり、世界的に甚大な脅威にさらされているからである。
    これに対し世界保健機関は、今後の疾病発生動向予測や対策上、重要な3大疾患、すなわち、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症・AIDS、結核及びマラリアに対し世界緊急事態宣言を発している。実際、2000年に開催された九州-沖縄サミットにおいて、これらの3大感染症制圧に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。