ターミナル期にある利用者や家族に対する支援について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数823
ダウンロード数19
履歴確認
更新前ファイル(3件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ターミナルケアとは、主に延命を目的とするものではなく、身体的苦痛や精神的苦痛を軽減することによって、人生の質(QOL)を向上することに主眼が置かれ、医療的処置(緩和医療)に加え、精神的側面を重視した総合的な措置がとられる。より近い将来に死に至ることが予見される人の身体的・精神的苦痛・苦悩を可能な限り緩和し、その人なりに充実して納得して生き抜くことができるように援助することである。病態によって急性期の段階でターミナル期を迎える場合もあれば、急性、回復、慢性、障害というように、介護期間を経てターミナル期を迎える場合もある。
    死に至る疾病のひとつに「がん」があるが、がんは我が国で1980年以来、死..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。