ソーシャルワーカーにおけるケアマネジメントの概念の位置づけについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数911
ダウンロード数10
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ケアマネジメントとは、福祉・保健・医療の各種サービスと近隣の人やボランティアなどのインフォーマルな資源を結び付けることで、クライアントの在宅での生活全般を支えていくことである。地域全体でクライアントやその家族を支えていこうという方法であり、地域医療や地域福祉の考え方の中でその必要性が叫ばれている。
    わが国において要援助者への支援のシステムとして、ケアマネジメントをはじめて導入したのは、2000年から始まった介護保険制度の施行からである。介護保険において、ケアマネジメントを導入した目的としては、①利用者の心身状況に応じた介護サービスの一体的提供②高齢者自身によるサービスの選択を現場レベルで担保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。