社会福祉士の倫理綱領の意義を考え、それを可能にするための相談援助活動のあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,450
ダウンロード数90
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉に関する相談援助活動等、社会福祉士が行うすべての援助は、社会福祉士の倫理綱領に基づいて実践される。そこで、倫理綱領の意義を考え、実践において可能にするための活動のあり方についてみていきたい。
    まず、倫理綱領の前文には、「利用者本位の質の高い福祉サービスの開発と提供に努めることによって、社会福祉の推進とサービス利用者の自己実現をめざす専門職である。」とうたわれている。また、倫理綱領の内容についてみると、人を尊厳することからはじまり、利用者や実践現場及び社会に対する倫理責任、また専門職としての倫理責任という倫理基準が挙げられている。
    つぎに、倫理綱領の意義について考えると、ソーシャルワー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。