高齢者虐待の相談を受けた場合の支援について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,375
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006年に高齢者虐待防止法が施行された。この制度の下、高齢者のソーシャルワーカーとして、高齢者虐待の相談を受けた場合の支援について述べたい。
    まず、インテークにおいて、相談の内容からおおよその事例の状況を把握し、必要な情報は何であるか判断する。また、緊急な対応が必要と判断される事例では、相談直後から関係機関に働きかけるなど迅速に動く必要がある。
    アセスメントでは、支援の方針を検討するために、相談者の問題、主訴等を正確に把握することが重要である。そのため、情報収集の段階から傾聴や共感といった支援の基本を忘れず、支援関係を保つことに留意する。また、アセスメントで優先することは、虐待のレベルを判断..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。