成年後見制度の基本理念と仕組みについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,818
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     はじめに、成年後見制度とは、認知症・知的障害・精神障害などの判断能力が不十分な方が、社会で普通の生活を営むこと、また保護及び支援を図るため、2000年に禁治産・準禁治産制度の改正により導入された。  まず、この成年後見制度の基本理念をみると、ノーマライゼーション、自己決定権の尊重、身上保護の重視が挙げられる。
    ノーマライゼーションとは、障害者や高齢者等の社会的に不利を受けやすい人々が、社会の中で他の人と同じように生活し、活動することである。つぎに、自己決定権の尊重とは、認知症、知的障害者、精神障害者等の本人の希望を最大限考慮して保護するという考え方である。さらに、身上保護の重視とは、療養看護..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。