精神分析と認知療法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数654
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「心の傷」・「心の病」を克服援助する心理療法とは、クライエントの心に心理的手段を用いてなんらかの変化を与えることであり、今日において、カウンセリング、家族療法、ブリーフセラピー、行動療法、認知療法、精神分析、箱庭療法などというように多種多様な療法が確立されている。その中で、精神分析と認知療法について述べたい。
    まず、精神分析とは、19世紀末、フロイトが考案した心理療法である。ヒステリーの治療研究を出発点としたフロイトは、「無意識」に着目し、ヒステリーの原因を抑圧された本能的な欲求が無意識な葛藤となり、さまざまな症状を形成すると考えたのである。また、精神的な作用を解明するために、心の装置は意識・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。