公的年金の現状と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,903
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      現在、国民の最大関心事項として、公的年金の問題がある。定年後の生活を支える最たる社会保障ではあるが、給付水準の低下による将来への不安、また相次ぐ不祥事の発覚など、問題が山積している。そこで、公的年金の現状と課題について述べる。
     わが国の公的年金制度は、国民年金、厚生年金、共済年金等の3種類である。まず、国民年金は20歳以上60歳未満の全国民を対象としており、加入者は、第1~3号被保険者と3つに分けられる。この第2号被保険者のうち、会社員を対象とした厚生年金や、公務員を対象とした共済組合は、職場で加入する年金であり、それぞれの基礎年金に上乗せされて支給される。そのために日本の年金制度は、家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。