個別援助技術の意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数495
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     個別援助技術の意義については、つぎのようにまとめることができる。まず、利用者の情報収集と分析を行い、相手の立場を理解することによって生活問題の固有性を尊重する。
     つぎに、利用者が生活問題に否定的になった場合、その障害はなにか精査し、信頼関係を形成することによって利用者の内的能力が発揮できるように支援する。また利用者が生活を維持させている社会関係を視野に入れることも必要である。 
     また、利用者に問題の固有性が存在しない場合、地域の社会資源を積極的に活用する。そうすることによって、地域の社会資源の改善にも影響を及ぼす。今後はサービスの効率のみを優先するのではなく、利用者への直接的関わりや間接..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。