医療保険制度の現状と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,964
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私たちが病気や怪我に対する不安を払拭し、健康を保ち、安心して生活を送ることができるのは、医療保険制度が確立されているからである。しかし、この制度はいままさに大きな転換期を迎えているのではないだろうか。
     そこで、医療保険制度の現状についてまとめてみたい。まず、我が国の公的医療保険は、被用者保険と国民健康保険に大別される。被用者保険は、適用事業所に使用されている者とその被扶養者を対象とするものであり、政府管掌健康保険、組合管掌健康保険、船員保険、共済組合に分かれる。  また、国民健康保険は、自営業者や農業者などの被用者保険に加入していない者を対象とするものであり、医師、弁護士等といった職種別に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。