老年心理学 課題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数719
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    老年心理学

    代表キーワード

    心理学老年心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老年心理学
    課題1 加齢に伴う感覚や知覚の変化、精神運動機能や記憶の変化についてまとめ、それらの変化が実際の生活にどのような影響を与えていくのかについてまとめなさい。
     加齢とともに様々な変化が生じる。まず感覚機能では、以下の部分が挙げられる。①視覚:視力は30歳頃から低下の傾向をし始め、40歳以後はその度合いが不明瞭となる。高齢者では、ほとんどが視力低下により、メガネをかけて視力を補なう等日常生活に支障をきたしている。暗順応・明順応はともに時間を要するようになる。特に明順応よりも暗順応の方が顕著である。光刺激が急変するような場面、トンネルや映画館などでは、事故発生の原因となる。また水晶体の障害、眼調節の低下等もきたし視野が狭くなったり、青や緑の色が見えにくくなる。車の運転では近くの車や歩行者に気づきにくくなったり、信号の判断力が弱くなる傾向がある。そのため周りの人も高齢者が運転しているとわかるようにシニアマークをつけることが促されている。②聴覚:40歳代から高音域の聴力低下が徐々に始まり、60歳代を過ぎると高音域での聴力低下が著しい。大きな声で話さないと聞こえなかったり、補聴器を使用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。