外国法研究_(司法権の優越_02)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数537
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国法研究1 B23A
    第2課題
    アメリカに発達した「司法権の優越」という概念を説明しなさい。
    ---------------
    アメリカ法制の最も特色ある制度の一つとして、司法権の優越(judicial supremacy)すなわち人民を代表する議会の制定した法律が連邦や州の憲法と低触することを理由として、それを無効とする権限を裁判所がもつことが、あげられる。日本国憲法81条も、このアメリカ流の違憲審査制度を移植したものといえる。
    違憲審査制(司法審査制)とは、法律・命令や国家行為が憲法に適合するかどうかを、特定の国家機関とくに裁判所が審査し、憲法違反の国家行為を無効としてそれを除去する制度である。その目的には、人権保障と憲法保障(憲法の最高法規性の保障)の2面がある。
    この違憲審査制(司法審査制)は、19世紀初頭のアメリカで、1803年のマーベリー対マデイソン事件(Marbury Vs Madison、 l Cranch (5 us) 137、 (1803)におけるマーシャル判決を契機に憲法慣習として確立された。以後アメリカでは、 とりわけ合衆国最高裁判所が人種差別や表現の自由、政教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。