外国法概論-02

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数557
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 B02A 外国法概論
    エクイティの誕生とその発展について論じなさい。ただし、レポートは次の項目立てでまとめなさい。
    コモンローの体制とエクイティの誕生
    1066年当時のイングランド王国はアングロ・サクソン人であるエドワード王によって統治されていたが、実子を残さないままに病死したため、イングランド王位継承の紛争が生じた。
    1066年のヘースティングスの戦いに勝利したノルマン公ギヨームは、ウィリアム1世としてノルマン王朝を開いた。ウィリアム1世は、反抗したアングロ・サクソン系貴族の土地を没収して功臣に与え、彼ら諸侯に忠誠を誓わせて強大な王権を樹立していくと共に、ロンドンを首都と定め、教会組織も整えていく。ウィリアム1世は従来のアングロサクソン的伝統と制度を尊重しつつも、武力を背景に強力な独自の中央封建制が成立する。当初はそれまで存在していた州裁判所などの共同体裁判所、荘園裁判所、封建的裁判所、教会裁判所を存続させ、それらの機関に第1次的裁判権を行使させていた。これらの地方的裁判所が適用する法または慣習は地方毎に異なっていた。また、これら地方的裁判所と別に国王自身も裁判権を保有して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。