2-経済法-02_[相互拘束]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数783
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    独禁法
    不当な取引制限の要件である「相互拘束」と「共同遂行」について、どのような解釈がなされてい
    るか、審決・判例の変遷をまとめなさい。また、どのような学説が主張されているか、調べなさい。
    そして、・どのような事例において、考え方の差が現われるか検討しなさい。
    ---------------------
    はじめに
    私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下
    独禁法)で言う、不当な取引制限とは、
    一般に言う「カルテル」の事を指しており、その定義は、独禁法2条6項に規定されている。不当な
    そのうちハードコアカルテルとは、競争者間での反競争的な取り決めを指し、その類型として価格
    カルテル、数量限定カルテル、取引先制限カルテル、入札談合、受注調整のことを言う。
    本論
    独禁法2条6項の文言によれば、「相互に事業活動を拘束し、又は遂行する」と規定していること
    から、不当な取引制限が成立するには「相互拘束」と「共同遂行」が重要な要件となり、これらを共
    同行為要件という。
    こうした共同行為の成立をめぐっては、学説は、意思の連絡が人為的に形成されていることを
    必要とする意思連絡説と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。