民事執行法-02(債権名義)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数797
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ強制執行に「債権名義」の存在が必要なのかを明らかにしたうえで、民事執行法22 条が定める各
    号の債権名義の特徴について説明しなさい。
    差押えをするための根拠となる請求債権を記載した裁判所の判決,和解調書や公正証書等(これらの
    文書のことを「債務名義」といいます。)によって強制執行を行うには,これらの正本に「執行文」が付与
    されていることが必要となります。
    債務名義とは,強制執行によって実現されることが予定される請求権の存在,範囲,債権者,債務者
    を表示した公の文書のことです。
    強制執行を行うには,この債務名義が必要です。
    お手持ちの債務名義の正本に執行文を取得するには,判決等を行った..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。