授業研究 2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)教科書を活用し、教科書を超える授業
    教科書は、子どもたちが共通して使うことのできる最も身近にあるリソースである。教科書は、子どもの興味がわくように、イラストや写真などを入れ、分かりやすく工夫してつくられている。教師は授業において、この教科書という便利なツールを十分に活用しない手はない。
    しかし、学校現場の多くの研究授業では、「教科書を使う授業は見栄えが良くない」「教師の授業の工夫が足りないように見られる」などという、おかしな価値観があるようである。「よい教師は、教科書など使わずに自作のプリントや教材を使う」と公言する先生もいるくらいである。また、教科書を使うというと「教科書べったりの授業ではないか」「教科書をなぞっただけの授業ではないのか」といった批判的な意見もある。
    しかし、本当に教科書を使うことを軽視してよいのだろうか。よい先生は、教科書は使ったうえで、自作教材などを工夫して、より深い理解や高いレベルに子どもを導く教師ではないだろうか。
    教科書を使わずに、教材、教具などを教師が自分で工夫した授業は、一見教師の努力の甲斐が見られ、視点も真新しいものとなる。しかし、子どもにとって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。