キャリア教育の今後の課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数662
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2005年、フリーター200万人ニート60万人ともいわれ、若年者の働く意欲の低下が大きな社会問題となっている。仕事に対するこれまでの価値観が崩れ、多様な価値観、働き方の中で職業を決めかねている若者が多く見受けられる。その中で、働くことの意義、面白さを体系的、効果的に理解し、社会で求められるスキル等の育成につなげる「キャリア教育」と呼ばれる取り組みが注目されている。キャリア教育とは2004年に総合的調査研究協力者会議において「児童生徒一人一人の勤労観,職業観を育てる教育」と定義づけられたごく最近の言葉である。試行錯誤しながらの手探りの状態ではあるが、これからますます重要になっていくだろう。
    キャ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。