有価証券論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数169
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    近畿大学

    代表キーワード

    近畿大学有価証券論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    信用状とは、貿易決済を円滑化するための手段として、銀行が発行する支払い確約書。貿易取引は、相手が遠隔地にいるため、商品を発送しても買い手がちゃんと支払いをするかどうかを確証する手段に乏しい。このために発達した手段が荷為替手形という方式であるが、これに銀行による信用供与を加えてさらに確実にした手段が信用状決済である。信用状取引により、輸出者は船積みと同時に輸出代金を回収することができるほか、輸入者にとっても、輸入代金を前払いする必要がなくなる。信用状取引は、通常、以下のような手順を追って行われる。
    1、輸出者は船積書類を引き渡す。輸入者は船積み書類を用いて貨物の輸入通関と引き取りを行う。
    2、発行銀行が買取銀行に買取金額を支払う。買取からこの支払い完了までにかかった金利は、信用状に規定された内容に従って、輸出者または輸入者に別途請求される。
    積荷保険証書は海上保険契約が成立したと言う事を、証明するために、保険者が発行する証券で、船舶、積荷などから生じる損害について填補する。貿易取引では、一般的に積荷を保険対象とする。
    保険填補の対象の損害には、全損と分損があり、全損には現実全損と推定全..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。