【0957】社会科・地理歴史科教育法Ⅰ「「中学校学習指導要領」に示されている社会科地理的分野と歴史的分野について」

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,112
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①.中学校社会科の地理的分野と歴史的分野の基本的目標について
     「中学校学習指導要領」において地理的分野の基本的目標は、「日本や世界の地理的事象に対する関心を高め、広い視野に立って我が国の国土の地域的特色を考察し理解させ、地理的な見方や考え方の基礎を培い我が国の国土に対する認識を養う」ことであると定められている。
     旧来の指導要領では世界地理を日本地理の理解のための背景として扱うとしていたが、現行では「地理的事象に対する関心を高め」を受けて、生徒が地理的事象の授業過程で関心を抱いて事象を見出し、それを課題として設定し展開する学習を重視する表現をとっている。
     次に「広い視野に立って我が国の国土の地域的特色を考察し理解させ」という表現により、考察と理解を学習上の留意点とし、「考察する」という過程を経て「理解させる」ことを意図している。
     さらに「地理的な見方や考え方の基礎を培う」という表現がある。地理的事象に対する見方考え方の要点は、地域における地誌的な認識だけでなく、地理的特色、他地域との関連性、他地域との共通性と特殊性、その他地域における住民の生活形態・活動、地域と地理的事象との時間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。