メディエーションの考え方

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数286
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メディエーションの考え方
     
     人間関係における紛争、対立、揉め事、すれ違いなどは、それぞれの当事者がある出来事をある文化的な位置から物事を眺め、捉えることから発生する。真実や事実を直接に確かめることができないために生じるものである。その紛争等に対して、裁判は当事者が違う捉え方をしている出来事を裁判官という中立公正な第三者が一定の事実を認定して、それを法律に当てはめることで正当性を与え、強制力を持たせる。一方、メディエーションは、出来事をそれぞれの当事者がどのように捉えたかをお互いが理解し、それを前提としてこれからどうするのかを合意していく協同作業的な側面があった。メディエーションは裁判に比べて当事者の感じ方や気持ちというものを尊重し、これからどうしていくかという未来に向かった解決方法を参加者みんなで考察する過程であることを学んだ。
     “mediation”とは調停、仲裁、媒介、仲介という意味があり、mediumやmediaと同じ“medi”「真ん中」という語源を持つ。本研究は内部告発を端緒とする報道のあり方を論じるものであるが、この場合報道機関やジャーナリストは内部告発者と社会または..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。