レポート:秋葉原カップルにみる男女間におけるマニアック性の格差程度とセルフプロデュースの意義

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数82
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート:秋葉原カップルにみる男女間におけるマニアック性の格差程度とセルフプロデュースの意義
    目次
    1.はじめに
    「セルフプロデュース論」からのヒント~レポートにおける私の観点にかえて
    2.男女間におけるマニアック性の格差程度による分類
    (1)男プロデュース型
    (2)男女共同プロデュース型
    (3)女プロデュース型
    3.類型別セルフプロデュースの意義
    (1)男プロデュース型の意義
    (2)男女共同プロデュース型の意義
    (3)女プロデュース型の意義
    4.おわりに~感想とまとめ~
    参考・引用文献
    はじめに
    カップルの場合のサービスチェーン
      複数人で行動する場合、プロデューサーが誰かによってチェーンが変化してくる。
      カップルの場合はどちらか一方がプロデュースする場合と男女共同でプロデュースする場合がある。
      「セルフプロデュース論」では、サービスの供給側と需要側の深い関係性が語られていたが、カップルの場合はプロデュースする側とされる側の関係、もしくは2人が共同してセルブスとなってプロデュースする場合の関係性によって、単独でセルフプロデュースする場合のサービスチェーンとはまた異なった意味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。