レポート:「公共」という言葉

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数77
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「公共」という言葉
    目次
    1-1.ジャーナリズムの世界における「公共」という言葉
    1-2.各業界に関する規定における「公共」という言葉
    放送界における「公共」という言葉
    新聞界における「公共」という言葉
    出版・雑誌業界における「公共」という言葉
    まとめ
    1-3.憲法及び表現の自由との関係における「公共」という言葉
    (1)日本国憲法における「公共の福祉」
    名誉毀損における「事実の公共性」
    1-1.ジャーナリズムの世界における「公共」という言葉
     「公共」という言葉はジャーナリズムの世界でも多用されており、ジャーナリズム研究分野における論文や議論の中にも度々出てくる言葉である。それは、ジャーナリズムに「公共」というものが密接に関係しているからであり、また放送法や放送・新聞・出版雑誌の各業界が策定している番組基準や綱領に「公共」という言葉が使われているからであり、全法秩序の基本原則である憲法に「公共の福祉」という用語が利用されているからである。それが「公益」や「公的○○」といった言葉ではなく「公共」という言葉が広く使われている所以である。
     しかし、前述の通り、そこで使われている「公共」とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。