災害流言レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数304
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    流言社会心理社会学

    代表キーワード

    社会学社会心理

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    うわさ
    1.「うわさ」「流言」「デマ」の区別
    (1)「うわさ」と「デマ」の区別
    デマゴギズム:本来政治的な対立者を中傷する目的で、悪意ある情報を捏造することを意味
    情報源の作為性
    うわさ:人々の間から自然発生的に生じた情報が、それに関心を持つ集団の内部に拡がっていく現象
    (2)「うわさ」と「流言」の区別
    同:○自然発生的に生じ、その内容に関心を持つ集団の中で拡がっていく
      ○恐れや不安などの感情を説明し合理化する機能、不平不満をことばによって発散させる機能、願望を空想的に実現させる機能、好奇心を満足させる機能を果たす
    異:○流言は大きな「社会的逆機能」(社会にとって好ましくない結果を生むもの)があるとみなされているが、うわさは社会的逆機能はなく、いわば毒にも薬にもならないものが圧倒的に多く仮にあったとしても、流言ほど広範かつ深刻なものではないのが普通
    ○流言は内容が社会的一般的であり日常的な人間関係の枠を組み超えて不特定多数に拡がっていくのに対し、うわさは内容が個人的であり、広がる範囲も知人や友人など日常の人間関係の枠内にとどまる(「情報内容の個人性」「伝播範囲の閉鎖性」)
    2.うわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。