読書ノート35

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数110
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パフォーマンス・マネジメント‐問題解決のための分析学 2010年8月 島宗理 強化の原理:行動することで、何か良いことが起こったり、悪いことがなくなったりすると、その行動は繰り返される。
    弱化の原理:行動することで、何か悪いことが起こったり、良いことがなくなったりすると、その行動は繰り返されなくなる。
    復帰の原理:行動は弱化されないと、元通りに起こりやすくなる。
    消去の原理:行動は強化されないと、元通りに起こりにくくなる。
    弁別の原理:行動は、強化の先行条件によって引き起こされ、弱化の先行条件によって抑えられるようになる。
    「自分の行動は自分の意志によるものだ」というのは迷信。強化の原理や弱化の原理からわかるように、行動は環境との関係、すなわち行動随伴性によって引き起こされたり、抑えられたりする。意志の力によってではない。
    部分強化の原理:いつも強化される行動よりも、たまにしか強化されない行動のほうが消去されにくい
    反発の原理:嫌子が出現したり、急に行動が消去されると、反発したり、相手を攻撃する行動が起こりやすくなる
    辛いことはできるだけ思い出さず、そっとしておくのが一番と考えるかもし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。