エッセイノート(エリック・ホッファーまとめ)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数122
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エリック・ホッファー・ブック 情熱的な精神の軌跡 2010年6月25日 作品者編集部 すべての思想は、本からではなく体験を通して身につけられるべきものです。自分の身のまわりにある“世界という本”から学ぶべきものであって“本という世界”から学ぶものではない。これが私の信条です。
    私が理解するどのような人間よりも,知識人は権力の腐敗に陥りやすい人種です。
    一般教育の根底にある、あまり知られていない前提は,《個々人を人間性の改革と刷新の仕事に備えさせ、魂の操縦者、そして望ましい人間的属性の製造者として行動すべく用意させる》 ことです。
    《このため、権力が行動の自由を与えたとき、知識人は人間性を型にはめ加工することのできる材料と同様に扱ってしまいやすいのである。彼は人間本性の予測困難さと扱いにくさによって計画を妨げられることのないよう、事をはこぶ》
    操る者と操られる者の間の組み合わせを例に取ってみましょう。絶対的な独裁者は人々をモノに変えるという非人間化を渇望し、人間の独自性の重圧に辟易した弱者は自由選択の負担から解放されることを切望するという構図が存在します。時代精神や世界精神、歴史的必然..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。