小説ノート26

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数98
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども問題言葉世界宇宙理解事故意識意味自分

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わたくし率イン歯―、または世界 2008年04月15日 川上 未映子 お母さんの世界には、体を持ち、同時にそこに意識を持った人たちが数え切れないほどいて、その誰にも他人と自分を間違えようのない、私、としか名づけようのない、なにか中心のようなものがあって、そこからそれぞれの世界を開いているのですよ。お母さんにもそれがあって、なんで、お母さんの私はお母さんのここに、この体に、このように一致してしまっているのかしらねえ。 でも、それが間違っているだなんて、誰にもいえないことなのです。人が大事にしてる考えやものについては、ただしいもおかしいもないのです。 それがきっと、それがきっと、雪国のあのはじまりの、わたくし率が、限りなく無いに近づいて同時に宇宙に膨らんでゆくこのことじたい、愉快も不快もないこれじたい、青木がわたしに教えてくれた、何の主語のない場所、それがそれじたいであるだけでいい世界、それじたいでしかない世界、純粋経験、思うものが思うもの、思うゆえに思うがあって、私もわたしもおらん一瞬だけのこの世界、思う、それ 子ども子どもと云いながら・あなたが欲しがってるものは・ほんまのところ何ですか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。