小説ノート25

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数124
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    差別人間自分世界精神嫉妬恋愛判断

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★海辺のカフカ 2006年12月31日 村上 春樹 「想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、簒奪された理想、硬直したシステム。僕にとってほんとうに怖いのはそういうものだ。ぼくはそういうものを心から恐れ憎む。何が正しいか正しくないか―もちろんそれもとても重要な問題だ。しかしそのような個別的な判断の過ちは、多くの場合あとになって訂正できなくはない。過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取り返しはつく。しかし想像力を欠いた狭量さや非寛容さは寄生虫と同じなんだ。宿主を変え、かたちを変えてどこまでもつづく。」 世の中に絶対っていうことはない。善悪の判断はとても難しい。 「しかしそれはやらなくちゃならないことだ」 迷宮 目盛りが一段階上 ホシノちゃん ナカタさん
    水銀虫 2006年12月29日 朱川 湊人 水銀虫 人の魂の中に入り込んで這いずり回り、やがて無数の穴をあけてしまう。 共依存の関係 Bの方も、Aに振り回されることで自分の精神の安定を図っているからです。「この人には自分がいないとダメなんだ」と思い込んで、そこを自分の居場所にしてしまうのです。 甘える..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。