小説ノート21

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会問題言葉世界表現自分未来理由

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    麦ふみクーツェ 2007年05月30日 いしい しんじ 出来事が些細すぎて目に見えないときもある。また規模が大きすぎて誰にも気づかれないことさえしばしばある 大きい小さいは距離の問題 「そのわざのせいで、よけいめだっちゃって、いっそうひどいめにあうかもしんないよ。でもさ、それがわかっててもさ、へんてこは、わざをさ、みがかないわけにいかないんだよ。」 これらは、今のぼくにはきこえない。音がしないんじゃない、遠すぎる。要するに、距離の問題だ。ひとははじめからきこえる音でやっていくしかない。きこえるべきものは、そのときがくればちゃんと耳にとどく。 熟練のティンパニ奏者のように、ぼくは待つことを学ばなけりゃならない。それはなかなかにむずかしい。ばかといわれても、へんてこ呼ばわりされても、けっしてばちを捨てず、ステージのいちばんうしろでじっと立っていること。そのときをきき逃さぬよう、ちゃんと耳をかたむけて。 ずっと長いあいだ、ぼくのまわりには音があふれてた。 ぞして今もあふれてる。 でたらめなこの世の騒音は、たったひとつのリズムがきっかけで、目の覚めるような音楽となる。 運命を受けいれていくほど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。