小説ノート13

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性問題人間結婚自殺世界夫婦自分時間

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コレラ時代の愛 2008年12月08日 ガブリエル・ガルシア=マルケス, 木村 榮一 「私は幸せなの」と彼女は行った。「だってそうでしょう、あの人が家にいなくても、今どこにいるか分かるんですものね」 女性なら彼をひと目見ただけで、愛に飢えていることが分かる、というのがもうひとつの強みだった。棒で殴られた犬のようにおどおどして街をうろついている物乞いを思わせる彼の姿を見ると、たいていの女性は情にほだされて、何かを求めたり、期待することもなく、この人に優しくしてあげて心の安らぎが得られれば、それでいいと思ってしまうのだ。 彼女は魅力的ではあったが、まわりのものを荒廃させるような雰囲気があった。 もし二人を結び付けているものがあるとすれば、それは愛のように気まぐれで当てにならないものであった。結婚した時点では、二人の間には愛は存在しなかった。二人してそれを築きあげようとしたとたんに、運命が彼らを現実に直面させたのだ。 いつの間にか彼らは互いに相手のことがよく理解できるようになっていたので、結婚して三十年もたたないうちに二人は文字通り一心同体になっていた。何も言わなくても相手の考えていることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。