小説ノート9

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数64
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人間政治差別民主主義言葉犯罪自然精神民主表現

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    永遠の都 2009年03月23日 ホール ケイン, Thomas Henry Hall Caine, 新庄 哲夫 (上)
    しかし、美しすぎて実際的じゃありません。あなたの計画をつらぬく糸は、荒い現実世界の波が引っ張ったとたんにぷっつりと切れてしまうでしょう いかなる個人的な復讐の感情にもとらわれていないことをわきまえていなければなりません 彼は自分のやったことが無意味だったとさとる覚悟ができていなければなりません――よしんば暗殺に成功したとしても、彼は制度そのものではなく、人間を入れ替えたにすぎないこと、配役そのものではなく、役者の首をすげかえたにすぎないと教えられることを覚悟しなければなりません。そして失敗すれば、傷ついた暴君というのは情け無用になり、おびやかされた専制政治が束縛の鎖をしめあげてくるという結果に直面することを覚悟しなければなりません 男が世の中のために一生をささげると決めた以上、何もかもあきらめなければなりません――父親も母親も、また妻も子供も。この世の個人的な愛にはすべて、永遠の別れを告げなければなりません。その必要があれば、家もない、浪々の身となる覚悟をしなければ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。