小説ノート6

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数116
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    数学人間世界自由時間精神自分行動意識

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1Q84 2009年08月16日 村上春樹 (1)
    小説を書くとき、僕は言葉を使って僕のまわりにある風景を、僕にとってより自然なものに書き換えていく。つまり再構成する。そうすることで、僕という人間がこの世界に間違いなく存在していることを確かめる。それは数学の世界にいるときとはずいぶん違う作業だ どこかの時点で私の知っている世界は消滅し、あるいは退場し、別の世界がそれにとって変わったのだ。レールのポイントが切り替わるみたいに。つまり、今ここにある私の意識はもとあった世界に属しているが、世界そのものは既に別のものにかわってしまっている。そこでおこなわれた事実の変更は、今のところまだ限定されたものでしかない。新しい世界の大部分は、私の知っているもともとの世界からそのまま流用されている。だから生活していくぶんには、とくに現実的な支障は(今のところほとんど)ない。しかしそれらの「変更された部分」はおそらく先に行くにしたがって、更に大きな違いを私のまわりに作り出していくだろう。誤差は少しずつ膨らんでいく。そして場合によってはそれらの誤差は、私の取る行動の論理性を損ない、私に致命的な過ちを犯させるか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。