読書ノート12

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数124
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    モーツァルトとクジラ 2009年08月20日 ジェリー・ニューポート, 八坂 ありさ なぜ、こんな苦しみに耐えていたのか?理由は簡単だ。自分を理解するには、自分以外の人間が必要だった。ぼくが存在するのは、ほかの人がぼくのことを考えているときだけ。ぼくをまともな人間に見せてくれる恋人がいなければ、だれからも省みられることはない、と思いこんでいたのだ。 自分の感情には、かなり敏感な子どもだった。どんな感情でも――微妙なものであっても――頭、つまり心に波のごとく押し寄せてくる。自分でも途方に暮れるほど、はっきり感じられた。それなのに、ほかの人の感情となるとなかなか理解できない。わかろうとしないのではない。ほかの人の感情というデータがぼくの頭に入ってくるには、長い時間がかかるのだ。そのデータが入ったとき、最終的に頭のなかまで到達したときに、やっとその感情がわかり、背筋が寒くなる。 ぼくにとってほかの人の痛みを感じること、他者の感情を認識することは、経験によって会得するスキルなのだ。痛みは文字どおり感じなかった。 社会という荒野を渡ろうとすると、すべてが深い霧に包まれているように感じた。方向感覚..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。