読書ノート4

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数152
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本社会文化日本語言語ことば自由概念

    代表キーワード

    読書

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「汚い」日本語講座 2009年04月09日 金田一 秀穂 精神病理学:精神に異常を来たした人について、その治療を目的にした研究なので、正常な人のことが述べられていない。異常から正常を照射するやり方。強迫神経症・高所恐怖症・不潔恐怖症 汚さは、生得的ではなく、後天的、文化的概念。民俗学の穢れという概念。穢れは聖なるものとの対比で語られることが多いが、汚さは聖や穢れよりずっと形而下的な概念。汚さは目に見えるもの、感じることが出来ること。ただ、日常的に汚いと思われるものは、社会的な要素を抜きにすることもできない。割り箸が日本に普及しているのはどうしてか。その代わり、他人の入った風呂の浴槽に平気で入れるのはなぜなのか。汚さが文化的概念であるとすれば、汚いと思うものが文化によって異なってくる。 不潔であるかどうかは、病原菌があるかどうかが決定要因。汚さは、見た目。 ことばを覚える。それは世の中の混沌には、ある程度分節化された節目があるということを学ぶこと。母、乳、というものがある。眠い、という感覚がある。おしっこ、という行為がある。そういうことをことばを覚えることによって明確化。この世はまとまっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。