債権の回収方法(事業譲渡・商号の続用・債務引受・債務引受の広告・詐害行為取消権・法人格否認の法理)

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数671
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    債務事業会社法評価広告債権株式方法株式会社目的

    代表キーワード

    事業

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    債権の回収方法(事業譲渡・商号の続用・債務引受・債務引受の広告・詐害行為取消権・法人格否認の法理)
    第1 設問1について
    1.X社はA社に対し、継続的売買契約に基づく売掛代金債権を有しているところ、A社は債務超過を理由にXに対し債務弁済をしていない。一方で、A社代表者Bは新たにY社を設立しA社の業務を承継しており、X社がA社に対する売掛代金債権をY社から回収するためにはどのような主張をすべきか問題となる。
    2.商号の続用の主張
    (1)A社のY社に対する事業譲渡について
     A社は、Y社に対しその店舗を賃借し、大半のA社従業員をY社に転職させ、取引先関係も引き継がせていることから、この行為は有形的財産のみならず、無形的財産も含んだ一定の営業目的のため組織化された有機的一体として機能する財産を譲渡していると評価することができ、事業譲渡ということができる。
    (2)会社法22条1項適用の主張
     上記(1)のとおりA社はY社に対し事業を譲渡しているため、会社法22条1項の適用がある。A社は「株式会社広島商店」、Y社は「新広島商店株式会社」という商号であり、これが、22条1項にいう「譲受会社が譲渡会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。