不動産担保の重要問題その1(抵当権に基づく賃料債権への物上代位、賃料債権差押と不動産譲渡、取立訴訟、法定訴訟担当、不動産収益執行)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数477
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不動産担保の重要問題 その1
    (抵当権に基づく賃料債権への物上代位、賃料債権差押と不動産譲渡、取立訴訟、法定訴訟担当、不動産収益執行)
    参考判例
    1 最判平成元年10月27日(判時1336号96頁)
    2 最判平成10年3月26日(判時1638号74頁)
    3 最判平成10年1月30日(判時1628号3頁)
    4 最判平成13年3月13日(判時1745号69頁)
    5 最判平成14年3月28日(判時1783号42頁)
    6 最判平成14年3月12日(判時1785号35頁)
    7 最判平成10年3月24日(判時1639号45頁)
    1.(1)抵当権に基づく物上代位による賃料債権差押の可否
    ○否定説:抵当権設定者は目的物の使用収益権が留保されており、
         賃貸することは本来抵当権設定者の固有の権能
    ○肯定説:賃料は担保価値の具体化とみることができる(判例・通説)
    (2)民法改正後の議論
    担保不動産収益執行制度(民執180)
    天然果実及び法定果実について強制管理の規定を準用→被担保債権の弁済に充当することができる

    この根拠となる実体法上の規定を設ける趣旨で改正
    317条:被担保債権について不履行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。