判例百選民法Ⅰ(最高裁S46.3.25最高裁H6.2.22最高裁S50.2.28)

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数243
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    判例百選民法Ⅰ
    譲渡担保 常に精算型、引換給付(最高裁S46.3.25)
    担保権者による弁済期後の目的不動産の譲渡の受戻し(最高裁H6.2.22)
    所有権留保売買の地位 (最高裁S50.2.28)
    譲渡担保 常に精算型、引換給付(最高裁S46.3.25)
    【位置づけ】304条「目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他のもの」について
    【事案】          抵当権に基づく物上代位権行使で差押    
                  
             買戻代金債権   一般債権者として差押  X  Y
           6億3360万              抵当権設定
    A  売買契約・5年の期間の買戻特約付   B
    【特約内容】              
    5年間は目的以外には使用しない         土地
    合意に反するとAは買い戻すことができる
    ①AがBに対し買戻権行使
    ②Xは一般債権者として買戻代金債権を差押え
     Yは抵当権に基づく物上代位権の行使として買戻代金債権を差押え
    ③Aは買戻代金を供託
    【Xの主張】Yの抵当権に先行して買戻特約がなされており、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。